履歴書の書き方

しっかり書きましょう!履歴書

就職する際に必要となるのが履歴書、職務経歴書です。企業の採用担当者が面接するかどうか、採用につながるかどうかを決める「大切なもの」です。書類選考で落とされないためにも、しっかり書くことが大切です。

自分自身をふりかえり、自己分析をすることで、あなたのことを理解してもらう第一歩が 履歴書や職務経歴書です。

最近では、パソコンで入力するケースも増えてきました。採用担当者の中では、自署が「人となり」を表すととらえられる方もいらっしゃいますが、誤記入が心配な方はパソコンなどで印字しても問題ありません。ただし、パソコン入力の時は漢字変換に注意しましょう。

左ページ

クリックでアドバイスをご覧になれます。

  • A 日付
  • B 氏名
  • C 印鑑
  • D 生年月日
  • E 写真
  • F 住所・連絡先・電話
  • G 学歴・職歴

A 日付

履歴書を記入した日です。正しく記入しましょう。
忘れがちですが、記入すべきところはしっかりと記入しましょう。

B 氏名

自信を持って大きめに記入しましょう。
ふりがなは漢字の部分のみしっかり記入しましょう。
「フリガナ」表記の場合はカタカナで、「ふりがな」表記の場合は平仮名で記入しましょう。

C 印鑑

シャチハタ印よりも、普通のハンコを使い、しっかり押印しましょう。
ハンコもあなた自身を表すものです。
最後に押印が一般的ですが、失敗すると書き直さなければならないので最初にきれいに押印することをおすすめします。

D 生年月日

算用数字(アラビア数字)で記入しましょう。
全体表記を西暦表記か元号表記(昭和、平成など)のどちらかに統一しましょう。
元号を選択する場合は経歴を表す時も元号表記にしましょう。
表記を統一した方がわかりやすいと思われます。

E 写真

あなたの印象の大切な要素となります。
最近の写真(多くの場合は3ヵ月以内)を使用してください。
スナップ写真はやめましょう。
髪形や服装はフォーマルなものが望ましいです。
女性はピアスやイヤリングなどを外しておいた方が無難です。
周りの方に写真を見てもらい、印象などを聞いてみることもよろしいかもしれません。
万が一、履歴書から外れた時のことを考え、裏面に氏名を記入しておきましょう。
白黒写真を指定されていない場合はカラー写真が一般的です。
写真館で撮影した写真の利用をお勧めします。

F 住所・連絡先・電話

簡略化せずに都道府県から記入しましょう。
建物の名称や「○丁目」「○番地」「○号」なども省かず詳しく正確に記入しましょう。
連絡先は携帯電話番号でも構いません。
メールアドレスの記入欄がある場合は毎日チェックできるアドレスを記入しましょう。
メールで送られた連絡を見過ごすことがないようにしましょう。

G 学歴・職歴

学歴の1行目中央に「学歴」と記入します。
学校名は省略せずに記入しましょう。
厳密な決まりはありませんが、多くの場合は中学校卒業時点から書き始めます。
職歴欄を多くとりたい場合は、高校卒業時から記入しても結構です。
学部や学科、専攻も省略せずに記入しましょう。
時系列に沿って正しく記入することが必要です。
職歴を記入する場合は、1行空けて中央に「職歴」と記入します。
入社した会社をすべて記入し、長期間のパートやアルバイトなどもアピールにつながる場合は記入しましょう。
年次に空白の期間がない方がのぞましいです。
職歴のあと、賞罰を記入する。(社内の表彰など)なければ「なし」と記入しましょう。
以上で終わるより「現在に至る」や「○年○月にて退職予定」と記入しましょう。

右ページ

クリックでアドバイスをご覧になれます。

  • H 免許・資格
  • I 自己PR
  • J 志望動機
  • K 本人希望記入欄

H 免許・資格

持っている資格はすべて書きましょう。時系列に取得年月から順番に記入しましょう。
名称は正式名称を記入しましょう。
取得を目指しているものがあれば、その旨を記入しても構いません。

I 自己PR

自己分析をしっかり行い、自分の強み、弱みを見つめ、希望職種に結び付くよう、具体的にイメージできる自己PRがのぞましいです。
よく考えて、しっかりと記入しましょう。

J 志望動機

企業研究、業界研究、自己分析が欠かせません。
自分の言葉で書きましょう。
面接時に答えることができるよう考えをまとめて記入しましょう。

K 本人希望記入欄

職種や勤務地の希望を書くのが一般的です。

ページの先頭へ戻る